一人暮らしのかたにおすすめの家庭用浄水器

一人暮らしをはじめた人の悩みの1つに、アパートやマンションの水のまずさが挙げられます。

日本の水道水は安全基準値が明確に定められているため、安心して使うことができますが、水道管や貯水槽が古くなっていると、カルキやカビなどの嫌な匂いが強まることが考えられます。このような一人暮らしの水道水トラブルを改善するためには、家庭用浄水器を活用するのがおすすめです。一人暮らしで家庭用浄水器を利用する時は、まずは手軽に使用できる蛇口直接タイプからチャレンジするようにしましょう。

この蛇口直接タイプは、キッチンなどの蛇口に取りつけて使用するもので、飲み水だけではなく料理に使用する水も、ろ過して使えるのがメリットです。さらに数千円ほどとリーズナブルな価格で購入できることに加え、特別な工事をおこなうことなく自分で設置が可能です。蛇口直接タイプのデメリットとしては、ろ過フィルターのサイズが小さいことが挙げられます。

しかし一人暮らしなら、家族で使用するよりも水道水の使う量が少なく済むため、それほど頻繁にフィルター交換せずに済みます。本格的に家庭用浄水器を設置したいという人は、据え置きタイプの購入を検討してみましょう。据え置きタイプの家庭用浄水器は、キッチンのシンクにろ過器具本体を設置します。設置スペースを確保する必要がありますが、ろ過機能の制度が高く、アルカリイオン水や軟水などの整える機能があるものもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *