一人暮らしにおすすめの家庭用浄水器の選び方

自宅でおいしい水を使用するのに便利なのが、家庭用浄水器の設置です。

浄水器本体を設置すれば、スーパーやコンビニなどで水を購入しなくて済むので、運搬などの手間を省くことも期待できます。しかし一人暮らしの場合は家庭用浄水器の選び方をチェックしておかなければ、使用するのに不便になることもあるので注意が必要です。一人暮らしで家庭用浄水器を設置する場合、特に注意したいポイントが、ろ過装置本体の大きさです。据え置きタイプやアンダーシンクタイプは、本格的なろ過フィルター機能があるので、水道水をより美味しく楽しみたい人に最適です。

けれど、そのぶん本体器具が大きくなるため、キッチンに十分な設置スペースを確保する必要があります。さらにアンダーシンク型の多くは、設置工事も必要になってくるので、一人暮らしで引っ越しの予定などがある人は注意が必要です。一人暮らしの人のおすすめの家庭用浄水器の1つに、蛇口直接タイプが挙げられます。

蛇口直接タイプは、キッチンの蛇口に器具を設置するだけなので、ほとんどスペースも取らず、特別な工事も必要ありません。さらに本体もリーズナブルで、数千円ほどで購入することができます。蛇口直接タイプのデメリットとしては、ろ過フィルターのサイズが小さいことが挙げられます。そのため、定期的にフィルターの交換が必要になってきますが、一人暮らしなら使用する水の量もさほど多くないので、家族で使用するよりも交換頻度を抑えることが可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *