浄水器の選び方は値段と性能を考える

浄水器を選び方についてですが、それは値段と性能を天秤にかけて選びましょう。

もちろん値段が高い方が性能が高いのは基本なので、綺麗な水を手に入れたいのでしたら、出来るだけ値段をかけた方が良いのです。しかし、そこまでお金を出せない事がほとんどでしょう。一番安い浄水器は蛇口直結型です。この型は、蛇口に直接取り付けるだけで使えるようになる物です。取り付けやすさも良いのですが、それよりも値段の安さに目を見張らせます。

商品によりますが、なんと5千円で購入が出来る商品もありますので、これでしたらすぐに購入が出来るでしょう。しかし、値段が安いという事もあり、もちろんデメリットもあります。それがカートリッジの寿命が短いという点です。約3ヶ月となっていますので、あっという間に取り換える時期が来てしまうのです。また、浄水性能は据え置き型やアンダーシンク型に基本的に劣ります。据え置き型やアンダーシンク型の浄水器は、浄水性能が高いので妥協をしたくない人におすすめです。

カートリッジの寿命は約1年なので、交換までが長いのも良い所です。ですが、これは値段が3万円以上と結構高く設定されています。商品によっては10万円を超える事もあります。値段が高いという欠点があるのです。浄水器の選び方は、値段と性能を考える事です。とりあえず浄水性能は気持ち程度で良いのでしたら、価格が安い蛇口直結型がおすすめです。浄水性能に妥協したくないならば、据え置き型かアンダーシンク型で良いでしょう。選び方のテーマを決めておくと選びやすくなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *