浄水器のレンタルで設置場所や費用はどれくらい必要?

浄水器をレンタルすると種類によっては家計の節約になり、ミネラルウォーターなどペットボトルのゴミの削減や買い物で重たい思いをしなくて済みます。

しかし浄水器のタイプによっては、設置場所も考えなければならないこともあります。浄水器には大きく分けて蛇口型とポット型、据え置き型が代表として挙げられます。蛇口直結のものはとてもコンパクトです。カートリッジ方式なので設置スペースも必要なく、直接ろ過できますがろ過能力は多少劣ります。

ポット型は名前の通りポットのように、自由に持ち運びが可能です。据え置き型はフィルターが大きい分ろ過能力に優れていますが、設置場所にスペースの余裕が必要になります。据え置き型では初期費用は高くなりますが、長期間使用する場合のランニングコストは良くなります。浄水器のレンタルの場合本体を数年おきに交換したり、カートリッジ交換時期にはメーカーから送られてくることがほとんどです。ですから、自分でメンテナンス時期を考える必要がありません。浄水器自体の価格はメーカーやタイプによってさまざまで、購入するとコストが高くなることがあり、さらにカートリッジ交換などの維持費用もかかります。

一方でレンタルならば月払いであるため一括で払う必要もなく、カートリッジ代などの維持費も月額料金に含まれていることがほとんどです。ただ解約するとなると解約手数料を支払わなければことがあるので、契約する前にしっかりと確認しておいてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *