据え置き型の浄水器は気軽に買える

据え置き型の浄水器は他のタイプと比べて浄水性能が高く、ビルトイン型などよりも手軽に設置出来るので大掛かりな設置工事が難しいときに向いてます。

蛇口に取り付けるタイプと比べてサイズは大きめで、設置に手間がかかりそうな感じがしますが、説明書を見ながら手軽に設置出来るものが多いです。シンク下へ設置するビルトイン型と比較しても大掛かりな設置工事は不要で、気軽に買えて取付けが出来ます。据え置き型の浄水器のサイズはメーカーによって違い、スタンダードなものは幅20cm×高さ30cm×奥行10cm程度でコンパクトで、女性や高齢者でも簡単に扱うことが可能です。

本体の価格は2万円から8万円ぐらいで、ビルトイン型だと高いものは10万円以上もしますし工事費もかかるため負担が大きいので、据え置く方がコストも抑えられて財布にも優しいです。ろ過能力が高いのも据え置き型の浄水器のメリットで、手軽ならポット型や蛇口直結型ですがろ過に関してはかなり高いです。

蛇口直結型だと簡易型のフィルターですが、据え置くタイプだと本体に高性能なフィルターが内蔵されていて水道水に混じった不純物を除去します。サイズが大きいのでろ過流量も多く、飲料水以外に料理や炊飯など色々な用途へ使えます。カートリッジ交換も年に1回程度でメンテナンスの手間がかからないので、普段忙しい人も安心です。カートリッジの価格は8、000円ぐらいからで、ランニングコストもそれほどかかりません。
据え置きの浄水器のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *