据え置きの浄水器は子どもでも安心

普通の水道水は浄水上で水の消毒をしているので残留塩素が残っていて、機能が発達しきってない赤ちゃんだとそのまま飲ませるのは不安かもしれません。

塩素とフミン物質の反応で生成されるトリハロメタン発がん性があるとされていて、子どもだけでなく大人も注意したいところです。据え置きの浄水器を設置すればフィルターによってろ過が出来るので赤ちゃんがいても安心して利用することが出来ます。据え置きの浄水器だと蛇口直結型より浄水性能が高いので、赤ちゃんや高齢者でも安心で工事も不要でビルトイン型と比べて手軽に導入出来るのも魅力です。

初めての人でも設置が簡単で、費用もそこまで高くはないので蛇口直結型よりもろ過性能が良い物がよいが、設置は難しくない物が良いときには最適です。多く普及しているので商品も幅広く、複数の製品を比較しながら検討出来ます。色々なタイプの水栓に取付可能なのも据え置きの浄水器の良い点で、レンチなどの工具は不要で手で簡単に取り付けられます。カートリッジの交換期間は大体は1年で長く衛生的な水が飲めます。

大変浄水能力が高く、蛇口直結型は簡単ですが浄水能力が落ちますし、浄水に時間がかったり決められた寮の水しか使えなかったりします。それと比べて、早い浄水で蛇口を好きなだけ綺麗な水を使えて、設置かかる手間もなく気軽に自宅に置けます。引越しなどで家が変ってもそのまま使い続けられます。初期費用は2万円から8万円で他と比べてそれほど安くないですが、カートリッジ交換などを考えるとランニングコストは比較的安いほうです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *